リハビリは辛いもの、歯を食いしばってやらないとダメ?

【よくある誤解:リハビリは辛いもの、歯を食いしばってやらないとダメ?】

エール神経リハビリセンター伏見、理学療法士の渡邉です。

 

今回は、「リハビリは辛いもの、歯を食いしばってやらないとダメ」なのかについてのお話です。

 

結論から申し上げますと、「麻痺を改善するためには歯を食いしばって頑張るリハビリは逆効果になることも。リラックスして、体の動きを思い出す・学習するのが鍵」です。

 

確かに、脳卒中発症直後急性期で寝たきりに近い状態からいきなり離床訓練をすると当然最初は「辛い」と感じる時期もあると思います。自由に体が動かせず自分の体ではないみたいな感覚で凄まじいほどの精神的なストレスと肉体の疲労感があり、ただ座るだけでも必死です。

 

しかし、生活期に入ってからのリハビリは、「歯を食いしばって頑張る」のはむしろ逆効果になりかねないので注意が必要です。なぜなら、麻痺というのは特異的な運動パターンがあり頑張ろうとすればするほど緊張しなくていい筋肉が過度に緊張してしまい悪い運動パターンを助長してしまう特性があるからです。

 

大事なことは、「正常な良い運動パターンを思い出させる・学習する」ことです。つまり、歯を食いしばってリハビリをするのではなく、リラックスし力を抜いた状態で使っていない筋肉を動かすイメージしながらリハビリをしていくことですね。

 

エール神経リハビリセンター伏見では、微妙な関節の運動や筋肉の収縮など細かくみてアドバイスさせて頂き、経験豊富な理学療法士がチームを組みご利用者様の思いを実現できるよう最善を尽くします。ご興味があれば体験に来ていただけると嬉しいです。

 

また、脳卒中後遺症による麻痺だけではなく、パーキンソン病などの神経障害や、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症など運動器疾患、慢性疼痛など様々なお身体の悩みに対してもご対応させて頂いております。

 

現在エール神経リハビリセンター伏見では無料リハビリ体験を実施しております!

無料リハビリ体験はこちら↓

特別リハビリ体験のご案内 | エール神経リハビリセンター 伏見 (aile-reha.com)

LINEでもお気軽にお問合せ下さい↓

https://page.line.me/993lksul?openQrModal=true

最新コラム

  1. リハビリ
  2. リハビリ 画像

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!