上肢麻痺のリハビリについて

上肢麻痺のリハビリについて

 

 

こんにちは!京都のエール神経リハビリセンター伏見、理学療法士の日置です!

 

 

本日は脳梗塞や脳出血などでみられる、上肢(肩・腕・指)麻痺のリハビリについてお話をしていきます。

 

 

足の麻痺もそうですが、上肢の麻痺では腕の重みが辛く肩に痛みが出たり、足より目につく頻度が多く思ったように動かないのがストレスになってしまうと思います。

 

 

それで、無理やり動かす練習をしてしまい、肩により負担が出て痛みが強くなる。

腕を動かすために他の部位に強く力が入ってしまい姿勢が崩れたりなどする場合があります。

 

 

姿勢が変化していくと、麻痺した部位以外での痛みが出現する可能性があります。

また、姿勢の変化により筋肉のバランスが崩れてしまい余計に力が発揮できなくなる場合もあります。

 

 

なので、上肢のリハビリではどれだけ姿勢を修正させてから運動を行えるかが大事になってきます。

 

 

体験リハビリからの姿勢の指導・修正や自主トレーニングの提案が可能です。

 

エール神経リハビリセンター伏見では脳梗塞・脳出血による麻痺症状だけでなく、パーキンソン病などの神経疾患、脊柱管狭窄症などの整形疾患など様々な疾患・症状に対応しています。

 

もっと腕を動かせるようになりたい、一人で運動の仕方がわからないという方は是非、京都のエール神経リハビリセンター伏見へと気軽にご相談ください。

最新コラム

  1. リハビリ画像
  2. 脳梗塞 画像

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!