【身体には特定方向への動きやすさがある?】

【身体には特定方向への動きやすさがある?】

こんにちは。エール神経リハビリセンター伏見、理学療法士の渡邉です。

今回は「身体には特定方向への動きやすさがある」ことについてのお話です。

 

結論から申し上げますと、「身体には抵抗が少ない方向に動きやすい性質があり、日常生活、スポーツ、レクリエーションなどの反復的・持続的な身体活動によって、姿勢・運動は特異的な方向にパターン化されやすい。

例)ゴルフのスイングなど

 

 

 

その結果、、、

身体の特定の部位に物理的なストレスが蓄積されて、微小損傷や痛みを引き起こすことになる。

このように「特定方向への動きやすさ」を理学療法士が観察・触診、運動検査を行い、適切な体のバランスに整えていくことが痛みや変形などを予防することに繋がります。

 

エール神経リハビリセンター伏見では、脳卒中後遺症による麻痺だけではなく、慢性的な腰痛や膝関節痛など様々なお身体の悩みに対してもご対応させて頂いております。

 

「諦めたくない。もっとこうなりたい」というお気持ちを何でもいいのでお聞かせください。

 

 

 

最新コラム

  1. リハビリ画像
  2. 脳梗塞 画像

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!