脳卒中について。

 初めまして、エール神経リハビリセンター伏見の理学療法士 日置です😊

 本日は脳卒中についてお話をしていきます。

 

 脳卒中とは脳血管障害とよばれ大まかには脳梗塞と脳出血に分けられます。

 脳梗塞とはさらに3つの種類があり、

①アテローム血栓性脳梗塞②ラクナ梗塞③心原性脳塞栓症とがあります。

脳卒中 イメージ画像 その中でも今回は①のアテローム血栓性脳梗塞についてお話をしていこうと思います。

 アテローム血栓性脳梗塞とは狭くなってしまった血管に、血の塊(血栓)ができてしまいその先の血の流れが止まってしまうことです。

 そういったことになってしまう背景としては、糖尿病・高血圧・脂質異常症・喫煙・飲酒などの動脈硬化リスクを持っている方となっています。

 

 症状としては徐々に悪くなっていきますが、閉塞部の塞栓因子が剥がれてしまうと突発的に症状が出現する場合もあります。なので、普段の生活習慣から自身や家族様が見直していくことや、運動習慣を取り入れていくなどの必要があります。

 

 今回はこれくらいで次回はラクナ梗塞についてお話ができればと思います。

 

 もっとリハビリがしたい!!もっと良くなりたいなどのご相談があればエール神経リハビリセンター伏見まで宜しくお願いします。

最新コラム

  1. リハビリ画像
  2. 脳梗塞 画像

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!