お腹周りの重要性

脳梗塞特別ページはこちら:エール神経リハビリセンター伏見

パーキンソン病特別ページはこちら:エール神経リハビリセンター伏見

こんにちは!京都のエール神経リハビリセンター伏見、理学療法士の日置です😊

 

 

本日はお腹周りの筋肉の重要性についてお話していきます。

 

 

皆さん、運動や姿勢を修正していく中で腹筋が大事とよく言われませんか?

 

腹筋やインナーマッスルが大事といわれ、体幹トレーニング、上体起こしでの腹筋運動など腹筋を鍛える方が多いと思います。

 

しかし、多くの方がインナーマッスルや腹筋が使えておらず背中や腰の筋肉を使い、腰を悪くしてしまっている方がいます。

 

これは麻痺症状のある方も同じです。

片麻痺などの麻痺症状がある方では、神経損傷に伴い中枢(体幹)部の筋力が落ちてしまい、姿勢崩れが起きてしまいます。

この姿勢が崩れた状態で手や足の運動をしても、十分な筋力発揮は行えません。

 

 

なので、運動を動作をもと良くするためにも姿勢や運動時でのお腹周りの使い方を見直してみましょう!!

 

京都のエール神経リハビリセンター伏見では脳梗塞などの脳血管障害だけでなく、パーキンソン病などの神経疾患、変形性膝関節症などの整形疾患に対してもリハビリを行っています。

 

現在、京都のエール神経リハビリセンター伏見ではリハビリ無料体験実施中です!

是非無料体験中に自身の身体の状況を知ってみませんか??

 

無料体験も10名までと人数に限りもあるため、お早めにご連絡を!!

無料リハビリ体験はこちら↓

特別リハビリ体験のご案内 | エール神経リハビリセンター 伏見 (aile-reha.com)

LINEでもお気軽にお問合せ下さい↓

https://page.line.me/993lksul?openQrModal=true

最新コラム

  1. 減塩・増塩

    2024.07.12

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験実施中!