パーキンソン病の重症度分類

 

こんにちは!京都のエール神経リハビリセンター伏見、理学療法士の日置です😊

 

本日はパーキンソン病の重症度分類についてお話していきます。

 

パーキンソン病は安静時振戦や筋肉のこわばり(筋強剛)、無動、姿勢反射障害などの運動症状が徐々に進行していく病気ですが、進行の度合いは人によって異なります。

 

その進行度を示す指標として

Hoen&Yahr(ホーン・ヤール)の重症度分類があります。

 

この分類は5つの段階に分類されています。

Ⅰ度

体の片側だけに手足のふるえや筋肉のこわばりがみられる。
体の障害はないか、あっても軽い。

 

Ⅱ度

両方の手足のふるえ、両側の筋肉のこわばりなどがみられる。
日常の生活や仕事がやや不便になる。

 

Ⅲ度

小刻みに歩く、すくみ足がみられる。方向転換のとき転びやすくなるなど、日常生活に支障が出るが、介助なしに過ごせる。職種によっては仕事を続けられる。

 

Ⅳ度

立ち上がる、歩くなどが難しくなる。生活のさまざまな場面で、介助が必要になってくる。

 

Ⅴ度

車いすが必要になる。ベッドで寝ていることが多くなる。

 

パーキンソン病は進行性により徐々に重症度が上がっていくと、活動量・筋力も落ちできていた動きができなくなります。

 

「今まで通りの生活」をできるだけ長く続けていくためにも、早期からのリハビリにて筋力の維持・向上がとても重要です!!

 

京都のエール神経リハビリセンター伏見ではご利用者様の身体状況に合わせてリハビリを進めていきます。

 

現在、京都のエール神経リハビリセンター伏見ではリハビリ無料体験実施中です!

是非無料体験中に自身の身体の状況を知ってみませんか??

 

無料体験も10名までと人数に限りもあるため、お早めにご連絡を!!

無料リハビリ体験はこちら↓

特別リハビリ体験のご案内 | エール神経リハビリセンター 伏見 (aile-reha.com)

LINEでもお気軽にお問合せ下さい↓

https://page.line.me/993lksul?openQrModal=true

最新コラム

  1. リハビリ画像
  2. リハビリ 画像
  3. リハビリ画像
  4. リハビリ 画像

アーカイブ

アーカイブ
PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!