オススメ記事

腰痛とは

腰部を主とした痛みやはりなどの不快感といった症状の総称です。

日本人の成人の90%が一度は経験しているという腰痛。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの診断がある腰痛は全体の15%といわれています。残りの85%は画像診断や血液検査などで痛みの原因が特定できない腰痛といわれています。整形外科医院や整骨院などで受診し診療を受けても原因の特定できない腰の痛みがあり、そういった腰痛は普段の姿勢や運動のクセから起こるといわれ、慢性腰痛で悩む方も少なくありません。慢性腰痛に対する運動療法は、我が国の慢性疼痛診療ガイドラインにおいて強く推奨されています。

慢性腰痛の改善方法とは

原因の特定できない腰痛の改善方法として大きく分けて3種類のアプローチがあります。

  • 対症療法、物理療法:症状(炎症など)に着目したもので、外用薬や、温熱療法、電気治療などがあります。
  • 徒手療法:症状と制限や損傷のある組織(インピンジメント、関節機能異常、筋スパズムなど)に着目したもので、整体やストレッチなどがあります。
  • 症状の原因となる姿勢や運動のクセに着目したもので、MSIアプローチというものがあります。

慢性腰痛のリハビリとは

まずは原因となる立位姿勢や歩行・起立といった動作観察、運動検査を実施し筋肉のアンバランスや運動機能障害を評価します。徒手療法にて硬い筋肉を弛め、弱っている筋肉を強くし筋肉のアンバランスを整え理想的な筋肉の使い方へ導きます。過剰に使いすぎている筋肉を弛め、使えていない筋肉を使えるよう運動制御を意識した修正エクササイズや原因となる姿勢や動作のクセを修正し動作指導を実施します。そして再発予防で日常生活動作指導や環境調整を行います。

MSIアプローチ・SJFアプローチというリハビリ方法について

MSI(Movement System Impairments Syndromes)とは運動機能障害症候群のことです。

そして、MSIアプローチのコンセプトは体の姿勢や動きを正常へと導き、筋肉や骨の疼痛予防や回復を促すことです。

その中には簡単なエクササイズでの運動制御や、普段の動作・動きの指導、環境を調整することによって運動を制御していきます。

腰痛の原因として特定方向への動きやすさがあります。例えば腰椎が伸展方向ばかり過剰に動いてしまうものや逆に屈曲方向に動いてしまうものです。MSIアプローチでは、この特定方向への動きやすさを見逃さず改善へと導きます。

 

SJF(Synovial Joints Facilitation)とは関節内運動学に基づく関節内運動及び関節の潤滑機構に基づく技術を用いて、関節内運動機能障害を治療し自動・他動における関節の動きを量的・質的に改善する治療的運動技術です。

関節内運動機能障害とは、病気による変形の無い、関節内運動の機能的な障害で、痛み、しびれ、晴れ、筋肉の緊張などを呈するものです。

腰痛では、逸脱した腰椎の動きや制限を徒手的に修正し、運動を円滑にできるよう誘導します。

また、骨盤や腰椎を良い状態へと動かすことで、筋肉への収縮も促通されます。

歩行や立ち上がりへ影響を与えている、関節・筋肉の動きを分析・修正を行い、正常な運動へと導き腰痛改善します。

リハビリ体験記

私の場合、手足の動作がスムーズにいかず、それに腰痛もあり歩行にも影響しておりました。

エールさんで施術を受けて1ヶ月程度になりますが、家族からは動作がスムーズになっていると。私自身も体が軽くなっている様に思います。自宅での自主トレも教えて頂いて、気持ちまで明るくなり頑張っております。ありがとうございます。

リハビリ

理学療法士からのメッセージ

腰痛を起こしている組織を直接治療することも大事ですが、悪い姿勢や運動パターンを観察・評価して、正常な運動パターンに導くことによって、痛みの原因を取り除くことがとても重要です。

エール神経リハビリセンター伏見では、慢性的な腰痛や肩こりでお悩みの方に対してもご対応させて頂いております。当施設では完全予約制となっております。ネット予約も可能です。お身体の状態を理学療法士が確認させて頂き、他施設にはないフルオーダーメニューを提供させて頂きます。

現在、無料リハビリ体験を実施させて頂いております。

「諦めたくない。もっとこうなりたい」というお気持ちを何でもいいのでお聞かせください。

関連記事

PAGE TOP

初回限定!特別リハビリ体験120分実施中!